画像1
画像2
画像3
画像4

創作の世界に踏み出そう!

 WCEこと早稲田コンピュータエンタテインメントは、早稲田大学公認のデジタル系創作サークルです!プログラミング・CGイラスト・DTM(作曲)など、コンピュータを用いた創作活動を行っています。

【どんな活動をしているの?】

 WCEでは、

〇秋に理工学術院で行われる文化祭、理工展でのゲームの出展

〇コミックマーケットやコミティア、M3などのイベントでゲームやイラスト・楽曲など頒布

〇1年間で制作したものを公式ウェブサイトで公開

以上を目標として日々個々人で創作活動を行っています。基本的に週二回、サークルメンバーが集まってゆるりと活動しています。

【サークル内の体系はどうなっているの?】

 WCEはそれぞれがやりたいことに合わせて、プログラミング班・CG班・DTM班の3つの班で活動を行っています。

〇プログラミング班

 プログラミングを学び、ゲームの開発やウェブサイトの運営などを行います。

C/C++/C#/Java/Python/PHP/JavaScript/Luaなどが主に用いられていますが、使うプログラミング言語に決まりはないため、興味のあるものに応じて柔軟に選びましょう。例えば、活動のメインとなるゲーム開発ではC++/C#がよく用いられます。

〇CG班

 コンピュータでペンタブなどを用いてイラストを描いたり、3Dモデルを作成したりします。気の向くままにイラストを描いたり、ゲーム制作に必要なイラスト素材を用意することが主となります。重要な役回りなので人気者になれます。

〇DTM班

 DTMとはデスクトップミュージックの略で、コンピュータを用いた作曲をします。オリジナル楽曲の制作や、既存の楽曲のアレンジ(リミックス)をメインに行っています。また、ゲーム制作においてはBGMの提供のほか、効果音の制作なども行います。

〇その他・備考

 以上のようにサークル内では3つの大きな枠組みがありますが、それぞれの班を越えた活動をする人も多く、気軽にいろいろなことに触れられます。中には一人でゲームのプログラム、グラフィック、音楽を制作してしまう人もいます。また、3つの班としての活動以外でも、動画の作成をしたり、ゲームのシナリオを考えたり、画期的なシステムのアイデアを出し合ったりといったことも行っています。

【初心者でも大丈夫?】

 初歩からしっかり学習できるようにメンバー全体でアシストするので、初心者でも安心です。実際、現在のメンバーのほとんどは大学から創作活動を始めた人です。当サークルは少人数なため、一人ひとりしっかりと対応できると思います。

【サークルの雰囲気は?】

 基本的にゆるゆるです。毎回の活動では各々が創作をしつつ、世間話やゲームやアニメについての話をしたりしています。活動の参加も自由で、無理なく他のサークルと掛け持ちできます。

【ゲーム開発の流れは?】

 例年、5月ごろに企画発表会というイベントを開催し、それぞれが考えたゲーム企画を発表します。最終的には全く違う企画になることも多く、とりあえずの目標の発表のようなものです。発表会以降は、11月の理工展に向けて各自でゲームを遊べる段階まで仕上げ、その後コミックマーケットまでに問題点を修正するなどして完成させる、というのが基本の流れです。ゲーム開発は少人数のチームや個人で行っているため、毎年複数のゲームを公開しています。

【さらに詳しい情報は?】

 WCE公式ウェブサイトを確認してみてください。これまでに我々が制作したゲームもダウンロードして遊べます。

 WCE公式Twitterや幹事長のTwitterに直接質問していただいても構いません。

プログラミングやCG、作曲など創作活動に興味がございましたら、是非WCEに入ってみましょう!!!

WCE公式ウェブサイト:https://wce.jp/

WCE公式Twitter:https://twitter.com/WCE_official