画像1
画像2
画像3
画像4
画像5

集え、未来の開拓者たち

学生団体GEILとは

「学生のための政策立案コンテスト」を開催している学生団体です。東大・早慶・一橋などの関東の大学生を中心として構成され、学生のみで1からイベントを作り上げています。当日の運営を指揮したり、一人一人の「人」と向き合ったり、自身の団体の魅力を発信したり、さらには活動に必要な資金を企業との交渉の末に集めたり、様々な体験をすることができます。学生が主体となるからこその自由の気風。各々が自分の時間と相談してコミット率を調整しつつも、望めばあらゆることに挑戦できる環境に飛び込んでみませんか?

▽組織構成

組織は局体制をとっており、

政策、社会問題の研究のケース局

企業との協力、協賛依頼の渉外局

SNSやwebページ発信の広報局

参加者のメンタルケア・その他対応の学生対応局

当日の運営指揮の運営局

の五局に分かれて活動している。

▽サークルの雰囲気

みんなが対話をする知的スタミナを持ち合わせていて、議論のなかで意見がぶつかっても、決して頭ごなしに否定せずに相手の意見をしっかりと聞く人が集まっている。

兼サー率は半々くらい。

体育会(軟式野球部・ゴルフ)もいる。

運動系・音楽系など、兼サー先は様々で、コミット度の自由がきく。

コンテスト自体の規模、運営側の人数、渉外活動など、さまざまな点でスケールが大きい。

ex①)夏の宿泊型政策立案コンテストでは、フィールドワークでの官庁訪問、専門家へのヒヤリング、現役官僚による政策案のコンサルテーションなどのコンテンツがある。

ex②)当日のコンテストでは、運営統括者6人で150名以上の動きを細かくコントロールしている

自分の挑戦したいことに取り組める環境が整っている。

▽サークルの活動頻度

活動頻度 毎週金曜日

活動場所 東京大学駒場キャンパス

・執行代になると、全体ミーティングに加えて各局のミーティングが週1回。

・イベント前になると臨時で回数が増えることも。

・オンライン上ではSlackでのやり取り。

・自分の忙しさに合わせて所属局を選ぶことが可能。

・1年生は、自分のやりたい仕事を見つけて各局の仕事を手伝う。春学期は視野を広めるフェーズなため、どこかの局に属することはない。秋からは固定の局に入る。兼局も可能。

⑦サークルの今後の活動は?

4月:新歓

5月:本入会、5/2,3の1泊2日でPre GEIL:新入生向けの立案体験イベント

6月:1day GEIL:30人規模 外部向け1日完結型政策立案イベント、新入生が、運営や議論のファシリテートを担う

6月:G-1コンテスト:内部向け政策立案1泊2日:参加者、運営側のどちらでも参加可能、OBOGも参加者として参加する。

8月:政策立案コンテスト準備

8月末:6泊7日の政策立案コンテスト

→コンテスト直後:夏合宿・引継ぎ

説明会のお申込みはウェブページへ!

https://waavgeil.jp/recruit_2020/

お問い合わせ、ご質問は公式ラインへ。

→@392lcekzで検索!

チラシ画像