2020年,いつもの「新歓」が消えた……?

急速に拡散する 新型コロナウイルス COVID-19 の影響により,大人数が集まるイベントは開催が難しくなってきました.毎年4月,各サークルにとって新入生確保の生命線である,ブース出展をしての勧誘,いわゆる「新歓」も例外ではなく,2020年2月28日に中止が発表されました.

このサービスは,「新歓」消滅の危機に対してなんとか新入生にサークルの情報を伝えたい,そしてサークルの新入生勧誘機会を確保したい,という思いから,構想30分でスタートしました.

「早稲田ウェブ新歓2020」は,早稲田大学の新入生を対象に,サークルの新歓情報を提供することを目的としています.

特長は?

1. 公認・登録サークル問わず掲載

早稲田大学のサークル情報には,例えば早稲田ウィークリー web サイトに掲載されているものがあります.しかしこれらは,比較的大規模かつ一定以上の継続的活動が行われている「公認サークル」のみしか掲載されていません.

早稲田大学の(正式な)サークルには,「公認サークル」のほか「登録サークル」があり,小規模なサークルや新規に成立したサークルは「登録サークル」に属します.早稲田大学の新歓では「公認」「登録」ともに,一定の手続きを踏めば,ブースを持つことができます.また,チラシの配布については比較的自由に行われています.

このサービスは,ある程度の自由度を持って各サークルの皆様にお使いいただけるよう,また新入生の皆さんにはより多くのサークルを目にしていただけるよう,設計しました.

2.工夫された使いやすさとセキュリティ

サークルのウェブ情報掲載については,こう思われる方もいるでしょう:
「連絡先や名前などの個人情報を,インターネットで公開するのはちょっと……」
と.

本サービスでは,Google Form とそれに付随する独自スクリプトの活用により,メールアドレスを開示することなく,新入生から各サークルへの連絡を可能にしています.また,WordPressとGoogle Form という,既に確立されたシステムによってサービスの殆どが完結しているため,セキュリティの確保・個人情報の保護が為されています.

また,Google Form を最大に活用することによって,洗練されたユーザー・インターフェースのもとで,サークル情報の新規投稿・更新ができるようになっています.

誰が運営しているの?

サイト運営は,早稲田大学の登録サークルである,早稲田大学無線通信研究会が完全非営利で行っています.

本サービスに関しまして,早稲田大学当局へは決して問い合わせ等なさりませんよう,切にお願いいたします.

また,この「早稲田ウェブ新歓2020」は,早稲田大学当局によって運営されているサービスではなく,あくまで非公式なものです.掲載情報が信用できるものかどうかは,利用者自身で必ずお確かめください.本サービスを利用したことによる不利益・損害等に関しては,いかなる場合においても,管理チーム(早稲田大学無線通信研究会)は一切責任を負いません.